読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だりーの編入日記

東京農工大学への編入体験談を主に書いていくブログ

MENU

英語まとめ

さっそく前回の記事でコメントを頂いたので、お答えしたいと思います。

 

>共立やサイエンス社の基礎物理学演習は使わなかったのですか?

共立の方は使ってないですね。基礎物理学演習は弱点の補強に使っていましたが、主に使っていた教科書ということであの二冊を紹介しました。基本的には内容が一緒なので、書店で手に取ってみて肌に合うと感じた方を選んでみてはいかがでしょう?もちろん演習量が欲しい場合は二冊買ってもいいと思います。

 

さて、英語に関しては過去問が公開されていないので対策がしにくいですよね。私は英語を鈍らせないようにちょくちょくTOEICの勉強をしていましたが、今年4月を最後にTOEICには触れてないです。

試験数日前になって、理系の大学だし論文みたいなのが出てきたらどうしよう…と不安になり、SI単位系の英語読みを覚えたりしてました。

 

それで試験の内容はどうだったかというと、特に専門用語が必要な場面は無かったように思います。大学一般入試の英語に慣れている方は特に不安がらなくてもいいです。ただ、一部和訳・英訳の問題も混ざっていたので必要に応じて練習した方がいいかもですね。

構成としては短めの長文読解が3問でした。時間もかなり余ったので、落ち着いて対処すれば大丈夫なはずです。

 

ちなみに、4月に受けたTOEICのスコアが605だったので、一応の目安として置いておきます。たぶん本当はもっと取った方がいいです(苦笑)

微妙な点数ですが、需要があるようならTOEICのおすすめ勉強法なんかの記事も書こうと思います

物理まとめ

お久しぶりです。過去問更新されましたねー

改めて見るとミスが多いこと多いこと。あと流体力学の問題が今なお理解出来てないです。管の出口に大気圧が加わらないということなのでしょうか…?分かる人は是非教えて下さい。

それはさておき、物理をまとめてしまいたいと思います。

 

大学物理は高校物理の理解が前提となっているので、高校物理が固まっていない人はまず高校物理の復習から入った方がいいと思います。高校時代には本当にこの著者にお世話になりました。直接会ったことは無いですけどね

やまぐち健一のわくわく物理探検隊NEO(力学・熱力学・波動編) [ やまぐち健一 ]

価格:1,490円
(2016/10/31 20:29時点)

やまぐち健一のわくわく物理探検隊NEO(電磁気・原子編) [ やまぐち健一 ]

価格:1,490円
(2016/10/31 20:30時点)

この人の授業を(画面を通して)受けた高3当時の感動は計り知れません。もっと早くに出会っていれば…

 

高校物理が固まっている人は大学の力学・電磁気学に取り掛かりましょう。ここでもマセマを推します。私の感触では、マセマに外れは今のところ無いです。

スバラシク実力がつくと評判の 力学 キャンパス・ゼミ 改訂3

価格:2,700円
(2016/10/31 20:44時点)

スバラシク実力がつくと評判の電磁気学キャンパス・ゼミ改訂3 [ 馬場敬之 ]

価格:2,656円
(2016/10/31 20:44時点)

 

次に演習書ですが、主に使ったのは無難なこの2冊です。

【新品】【本】演習力学 今井功/共著 高見穎郎/共著 高木隆司/共著 吉沢徴/共著 下村裕/共著

価格:1,620円
(2016/10/31 20:50時点)
感想(0件)

◆◆電磁気学演習 / 山村泰道/共著 北川盈雄/共著 / サイエンス社

価格:1,998円
(2016/10/31 20:52時点)
感想(0件)

一つ付け加えるなら、どの科目であろうと過去問は教科書で学んでいる間でも逐一チェックするべきです。そうすることで演習範囲を絞り込めるので、結果的に時間の節約になります。ただ私の場合は、結局大学の期末テスト対策で全範囲を解くことになりましたが

数学まとめ

勢いが大事なので、どんどんまとめていきます。数学の配点は200と高く、出題内容も基礎的なので満点を目指したいところですね。例年、極値・重積分線形代数常微分方程式の中からそれぞれ一題ずつ出題されているので、広く浅くな勉強法が効果的です。

 

基本は熱力学と同じ流れですね。

 

教科書でおおよそ理解

スバラシク実力がつくと評判の線形代数キャンパス・ゼミ改訂4 [ 馬場敬之 ]

価格:2,516円
(2016/10/23 16:09時点)
感想(0件)

 

スバラシク実力がつくと評判の微分積分キャンパス・ゼミ改訂3 [ 馬場敬之 ]

価格:2,527円
(2016/10/23 16:09時点)
感想(0件)

スバラシク実力がつくと評判の常微分方程式キャンパス・ゼミ改訂3 [ 馬場敬之 ]

価格:2,775円
(2016/10/23 16:12時点)
感想(0件)

 個人的にはマセマが好きなので載せてますが、理解できればなんでもいいと思います。

 

→演習書で演習を積む

編入数学徹底研究 [ 桜井基晴 ]

価格:3,024円
(2016/10/23 16:14時点)
感想(1件)

編入数学過去問特訓 [ 桜井基晴 ]

価格:3,024円
(2016/10/23 16:16時点)
感想(0件)

過去問特訓は演習量が欲しい場合にはおすすめです。農工の問題も散見できたので、解説つきで過去問演習ができる貴重な一冊だと思います。

 

→過去問を解いて弱点補強

いままで書き忘れていたのですが、過去問はどの教科もだいたい三周は解いた方がいいです。解けなかった問題は上の演習書などで補強しましょう

 

以上の流れでだいたいオッケー。

あと、某ブログでおすすめされていたので、TOEIC対策も兼ねてこんなサイトも見ていました。

www.khanacademy.org

英語で数学とか物理とかを教えてくれます。英語自体はそこまで難解じゃないので、ひまつぶしにでも使ってみてはいかかでしょう。

 

さて、このくらいですかね。細かく書くとキリが無いのでかなり大雑把に書きました。細かい部分はコメントかツイッターで質問してもらえれば対応します。

専門科目(流体力学・機械力学)まとめ

さて、残った専門科目の流体力学と機械力学をまとめていきたいと思います。

 

流体力学

過去問を見ると、ベルヌーイの定理や基準の高さを取って圧力を求める問題が多い傾向にあるので、対策は比較的容易だと思います。しかし、当然それ以外でもまんべんなく解けるようにしておく必要はあります。

 

流体力学 シンプルにすれば「流れ」がわかる 専門基礎ライブラリー / 築地徹浩 【単行本】

価格:2,484円
(2016/10/22 22:52時点)

主に使ったのはこの教科書ですね。この教科書の特徴は教科書にしては問題数が多く、別に演習書を買う必要が無いことです。また問題のレベルが農工大とほぼ同じなので、この一冊をやり込めば対策としては問題無いと思います。専用ページで解答をダウンロードできるので、プリントアウトしていつも持ち歩いてました。だいたい4章のベルヌーイの定理か、念のため5章の運動量理論までやれば大丈夫なはずです。

 

評判が良かったのでこれも買いました。

【送料無料】 流体力学 JSMEテキストシリーズ / 日本機械学会 【全集・双書】

価格:2,037円
(2016/10/22 23:07時点)
感想(0件)

正直なところ、これはあまり使いませんでした。しかし、さすが日本機械学会が出しているテキストなだけあって、実際に流体力学がどういった場面に応用されているのかを演習問題などを通して知ることが出来る面白い内容です。個人的には飛行機になぜ揚力が発生するのかがベルヌーイの定理で説明できることを知れたのが印象深いです。

 

・機械力学

過去問を見ていると、ここ数年は高校物理もしくは大学の一般教養範囲の物理で対応可能な内容です。しかし、機械力学と銘打っているからには専門分野の振動工学(?)なるものの範囲から出題される可能性も無きにしもあらずですかね。ちなみに僕は専門分野の勉強は一切していません。多分した方がいいです。

ということで機械力学対策はほぼ物理対策と重なりました。

 

【新品】【本】演習力学 今井功/共著 高見穎郎/共著 高木隆司/共著 吉沢徴/共著 下村裕/共著

価格:1,620円
(2016/10/22 23:26時点)
感想(0件)

物理は大学の一般教養でそれなりの知識があったので、演習書のみ購入しました。基本これだけでも対応できます。だいたい2周くらいしました。

 

ついでにもう一冊買いました。

基礎物理学演習(1) [ 永田一清 ]

価格:2,592円
(2016/10/22 23:37時点)
感想(1件)

なぜか画像が無いですけど、「演習 力学」とほぼ同じです。そして内容もほぼ同じですが、こちらは力学のほかに波動と熱学の章があるので力学だけやりたいって人には多少重いかもしれません。「演習 力学」だけじゃ足りない人や物理で絶対落とせない人にはおすすめです。

 

それと、参考書が無いとまずいようならやっぱりマセマがおすすめです。

スバラシク実力がつくと評判の力学キャンパス・ゼミ改訂3 [ 馬場敬之 ]

価格:2,700円
(2016/10/22 23:43時点)
感想(0件)

ということで専門科目編は終わりたいと思います。どんどん編入に関する記憶が無くなっていくので早めに更新していきたいのですが…なんせ時間がありません。でも出来る限り頑張ってみます。

何か質問等あれば遠慮なくコメントしていってくださいー。

専門科目(熱力学)まとめ

こんにちは

少し間が空きましたが、さっそく熱力学をまとめていきたい思います。

 

農工大の過去問を見てみると、熱力学関係式までは出ていないと見えます(たぶん)。つまり、だいたいエントロピーあたりの章まで理解していれば良さそうですね。検討をつけたところで、使った教材等を紹介します。

 

スバラシク実力がつくと評判の熱力学キャンパス・ゼミ改訂2 [ 馬場敬之 ]

価格:2,430円
(2016/10/22 19:57時点)
感想(0件)

これですね。私の大学のカリキュラム上、熱力学は完全に独学で挑まなければなりませんでした。そこで、わかりやすいと評判のマセマの熱力学を購入。結果、大正解でした。説明が平易な文章で書かれているので、通常の大学の教科書のような硬い文章が苦手な私にとってはとても頭に吸収しやすかったです。私のように硬い文章が苦手な方や、熱力学の初心者にはおすすめです!内容がこれまた深いので、ある程度知識のある方でも理解を深めるのに役立つと思います。

 

勢いでこちらも購入。

スバラシク実力がつくと評判の演習熱力学キャンパス・ゼミ改訂1 [ 高杉豊 ]

価格:2,181円
(2016/10/22 20:22時点)
感想(0件)

内容としては上のマセマの参考書になぞらえた演習問題が主になっています。理解に役立ったのですが、正直この演習書をやり込むのは少々オーバーワークな気がします。私は危うい部分だけ問題を解いて、他は見るに留めました。

 

さらにこちらも購入。どうせ院試で使うだろうという諦観の境地だったので、購入に躊躇が無かったです

【新品】【本】熱・統計力学演習 瀬川洋/〔ほか〕共著 大槻義彦/編

価格:1,887円
(2016/10/22 20:32時点)
感想(0件)

こちらは数値が出てきたりしてマセマの演習書よりは実践的なイメージ。マセマの演習書とこのサイエンス社の演習書のどちらか一つと言われれば、サイエンス社の方を選びます。農工大の過去問と同じような問題もありましたし、解説もまあ丁寧です。ただ、農工大の出題傾向として、用語の理解が問われる場合が多いので、マセマの参考書をちゃんと理解することもそのまま対策になると思います。

 

もう受験から三か月以上経つのでそろそろ記憶がやばいですね…

「相棒season15」、「ドクターX~外科医・大門未知子」を消化したらさっそく書き始めようと思います。

相棒season14 ブルーレイBOX(6枚組) 【Blu-ray】 [ 水谷豊 ]

価格:30,780円
(2016/10/22 22:18時点)
感想(0件)

ドクターX ~外科医・大門未知子~ DVD-BOX [ 米倉涼子 ]

価格:13,409円
(2016/10/22 22:19時点)
感想(1件)

専門科目(材料力学)まとめ

さて、前回の記事で早速コメントを頂きました!ありがとうございます

 

機械系専門科目対策についての情報がごく限られているので、そちらを優先していただけると嬉しいです

確かにそうですね、その点では私も苦労しました。ということで今回は専門科目(材料力学)の使った参考書等をまとめていきたいと思います。

 

機械システム工学科の専門科目は四力(材料力学、流体力学、熱力学、機械力学)で構成されており、配点は四力それぞれに50ずつで合計200となっています(私の年度の場合)。入試に留まらず、入学後のことを考えてもきちんと実力をつけたいところですね。今回はひとまず材料力学についてまとめたいと思います。

 

まずは何といってもこれです。

図解でわかるはじめての材料力学 [ 有光隆 ]

価格:2,138円
(2016/10/19 18:42時点)
感想(1件)

 

この本には本当に感謝してもし切れません。この本の特徴は説明が分かりやすいことに加え、読むことでかなり深い理解を得られるところです。演習問題も要点を抑えていて、まさに編入対策にぴったりな本だと思います。ちなみに農工大の講義で教科書として使われていたりいなかったり。

 

また、材料力学に自信がない人や微積を使うと理解しにくいって人はこれもおすすめです

入門材料力学 [ 有光隆 ]

価格:2,030円
(2016/10/19 19:01時点)
感想(3件)

 

こちらは「図解でわかるはじめての材料力学」の説明をかみ砕いて、かつ微積分を極力排除した内容になっています。なので分かりやすいし読みやすいのですが、その分内容も薄くなっているので、入門の方だけでは対応できません。

 

ちなみに私は2冊両方買いました。最初はほぼ知識ゼロで、簡単な問題ですら教科書を見ながらでしか解けない状態でした。しかし、次の流れが終わった頃には過去問はだいたい解けるようになっていました。

 

入門の方を5章までさらっと読む

入門じゃない方を1章まで理解できるまで読む(分からないところがあれば入門の方を見る)

「演習 材料力学」や上の参考書2冊で該当部分の演習を積む

上の紫の部分を5章まで続ける

 

演習材料力学新訂版 [ 尾田十八 ]

価格:2,138円
(2016/10/19 19:17時点)
感想(0件)

参考書2冊だけでは演習量が少ないので、やはり演習本は必要です。この本は演習本としては優秀だと思います。解説もそこそこ丁寧で、重要な公式について章の始めにまとめてあるので使いどころは多いと思います。

 

ということで材料力学編は以上です。本当は四力全部まとめてしまうつもりでしたが、思いのほか疲れたので今回はこの辺で勘弁してください…。何か書き忘れてる感が半端じゃないので、気づいたことや質問等あれば遠慮なくコメントなりTwitter(@genu1ne_nk)なりで教えてください。

 

 

東京農工大学 編入体験記2

このブログ、始めてみはたものの全く勝手が掴めない。果たしてこんな感じで大丈夫なのだろうか…。そういえば書くのを忘れてたのですが、何か質問等あればツイッター(@genu1ne_nk)かコメントで遠慮なく聞いてください。

 

前回、2月までの状況を書いたと思います。その中で2月までは編入対策はしていないみたいなことを書いた記憶がありますが、あれは半分間違いです。大学の講義の復習や期末試験対策のメインとして「編入数学徹底研究」を使用していたのを完全に忘れていました。 

 

鉄板なのでご存知の方も多いと思います。「編入数学徹底研究」の特徴はその解説の丁寧さにあります。問題数も申し分なく、編入数学のみならず大学一般教養レベルの数学を全体的にカバーしており、非常におすすめできます。大学の講義で使っている教科書の解説がわかりづらい場合や、問の解答が略されていて演習の経験値が思うように積めない場合にもおすすめの一冊です。農工大編入志望の方はこの本と心中しても(恐らく)大丈夫でしょう。

 

 

編入数学徹底研究 [ 桜井基晴 ]

価格:3,024円
(2016/10/17 23:44時点)
感想(1件)

 

と、ここまで書いていて思ったのですが、こうやって時系列で数学英語物理etc…と書いていっても後で見にくいですよね…?ということで、「東京農工大学 編入体験記~数学編」みたいにして教科毎に分けて時系列順に書いていきたいと思います。

こんな感じの編集関係でも「これについて先に書いて欲しい」とかあれば是非コメントしていって下さい。それでは編入体験記は一旦2で区切らせていただきます