だりーの編入日記

東京農工大学への編入体験談を主に書いていくブログ

MENU

東京農工大学 編入体験記1

こんにちは

 

この度、平成29年度の東京農工大学工学部機械システム工学科への編入試験に合格したので体験記を書こうと思います。高専生はもちろん、編入を考えている短大生や大学生の参考になれば幸いです。

 

自己紹介:4年制大学機械工学科2年

     TOEIC450→605

                  ほかは特に書くこともない普通の大学生です

 

 

私が編入をしようと思ったきっかけはニュースでした。2015年は三菱リージョナルジェット(通称MRJ)や先端技術実証機など、様々な航空宇宙関連のニュースが飛び交っていて、それらを目にするたびに自分も航空宇宙分野の技術者になりたいと強く思うようになりました。そこで4年制大学からの編入学を実施していて、航空宇宙分野の研究が盛んな東京農工大学を受験することにしました。この時点で大体2015年の夏頃だったと思います。

 

 

この頃農工大の過去問をチェックしてみたのですが

 

数学:1問目の極限の問題以外分からない

英語:そもそも掲載されてない

物理:一応できそう…?

化学:理解不能

専門科目:機械力学は高校物理で解けそうだけどそれ以外は無理

 

 

といった感じで、今取り組むよりも大学の授業である程度知識を得た後に過去問演習に取り組んだ方がいいと判断。結局それ以降は翌年の2月ごろまで所属している大学の単位取得のための勉強しかしませんでした…。が、今になってはそれで正解だったと思っています。農工大の編入試験には基本的な問題しか出ないので、大学の講義レベルの事項をしっかり理解することが何よりも大切です。

 

 

…ただ、偉そうにこんな事を書いているからと言って、本番でちゃんと解けたとは限りません。この事についてはいつか書きたいと思います