だりーの編入日記

東京農工大学への編入体験談を主に書いていくブログ

MENU

専門科目(流体力学・機械力学)まとめ

さて、残った専門科目の流体力学と機械力学をまとめていきたいと思います。

 

流体力学

過去問を見ると、ベルヌーイの定理や基準の高さを取って圧力を求める問題が多い傾向にあるので、対策は比較的容易だと思います。しかし、当然それ以外でもまんべんなく解けるようにしておく必要はあります。

 

流体力学 シンプルにすれば「流れ」がわかる 専門基礎ライブラリー / 築地徹浩 【単行本】

価格:2,484円
(2016/10/22 22:52時点)

主に使ったのはこの教科書ですね。この教科書の特徴は教科書にしては問題数が多く、別に演習書を買う必要が無いことです。また問題のレベルが農工大とほぼ同じなので、この一冊をやり込めば対策としては問題無いと思います。専用ページで解答をダウンロードできるので、プリントアウトしていつも持ち歩いてました。だいたい4章のベルヌーイの定理か、念のため5章の運動量理論までやれば大丈夫なはずです。

 

評判が良かったのでこれも買いました。

【送料無料】 流体力学 JSMEテキストシリーズ / 日本機械学会 【全集・双書】

価格:2,037円
(2016/10/22 23:07時点)
感想(0件)

正直なところ、これはあまり使いませんでした。しかし、さすが日本機械学会が出しているテキストなだけあって、実際に流体力学がどういった場面に応用されているのかを演習問題などを通して知ることが出来る面白い内容です。個人的には飛行機になぜ揚力が発生するのかがベルヌーイの定理で説明できることを知れたのが印象深いです。

 

・機械力学

過去問を見ていると、ここ数年は高校物理もしくは大学の一般教養範囲の物理で対応可能な内容です。しかし、機械力学と銘打っているからには専門分野の振動工学(?)なるものの範囲から出題される可能性も無きにしもあらずですかね。ちなみに僕は専門分野の勉強は一切していません。多分した方がいいです。

ということで機械力学対策はほぼ物理対策と重なりました。

 

【新品】【本】演習力学 今井功/共著 高見穎郎/共著 高木隆司/共著 吉沢徴/共著 下村裕/共著

価格:1,620円
(2016/10/22 23:26時点)
感想(0件)

物理は大学の一般教養でそれなりの知識があったので、演習書のみ購入しました。基本これだけでも対応できます。だいたい2周くらいしました。

 

ついでにもう一冊買いました。

基礎物理学演習(1) [ 永田一清 ]

価格:2,592円
(2016/10/22 23:37時点)
感想(1件)

なぜか画像が無いですけど、「演習 力学」とほぼ同じです。そして内容もほぼ同じですが、こちらは力学のほかに波動と熱学の章があるので力学だけやりたいって人には多少重いかもしれません。「演習 力学」だけじゃ足りない人や物理で絶対落とせない人にはおすすめです。

 

それと、参考書が無いとまずいようならやっぱりマセマがおすすめです。

スバラシク実力がつくと評判の力学キャンパス・ゼミ改訂3 [ 馬場敬之 ]

価格:2,700円
(2016/10/22 23:43時点)
感想(0件)

ということで専門科目編は終わりたいと思います。どんどん編入に関する記憶が無くなっていくので早めに更新していきたいのですが…なんせ時間がありません。でも出来る限り頑張ってみます。

何か質問等あれば遠慮なくコメントしていってくださいー。